オンラインカジノにかかる税金とは?計算方法と確定申告のやり方まとめ
本当におすすめ出来るオンラインカジノはこの5種類でした

オンラインカジノにかかる税金とは?計算方法と確定申告のやり方まとめ

オンラインカジノの知識

オンラインカジノ初心者の方にとって、税金の問題は気になりますよね。

たくさん稼ぐことができても、何か手続きが必要なのではないかと不安になることもあるでしょう。

会社勤めをしている方は、何かしらの不利益があるのでは?と思ってしまうかもしれません。

結論からいうとオンラインカジノで稼いだお金は課税対象であり、50万以上稼いだら確定申告も必要です。

税金は正しく納めないと、後で未納が発覚したら大変なことになってしまいます。

今回は、オンラインカジノにまつわる税金のことについて詳しく紹介します。

オンラインカジノで得た利益は課税対象となるので注意が必要

オンラインカジノの勝利金についてですが、一体どういう扱いになるのでしょうか?

他のギャンブルと何が違うのかも不思議に思えてきますよね。

正しく理解して、きちんと処理をするようにしましょう。

 

1.オンラインカジノの利益は一時所得としてみなされる

オンラインカジノで得た勝利金は一時所得とみなされます。

 一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
 この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2) 競馬や競輪の払戻金
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

引用:国税庁

一時所得は営利目的の継続的な行為から発生した以外の所得であり、オンラインカジノもこの一時所得に該当します。

ちなみにその他の国営ギャンブルや、宝くじも一時所得に該当します。

これらに関しても少し解説をしていきます。

 

2.実はパチンコ・競馬などのギャンブルも課税対象だが黙認されている

実はパチンコや競馬などで得た勝利金も、本来は課税対象です。

しかしこれらのギャンブルで税金を払わなければならないという、イメージはあまりないのではないでしょうか?

実際に、税金を支払っていなくても取り締まられることもありません。

パチンコや競馬の場合、銀行口座などを介さず現金で受け取るため、億単位の超高額でなければ税務署側が把握できない状態になってしまいます。

そのため、黙認されているというのが現状です。

例外として宝くじは、事前に納税分が天引きされています。

 

3.オンラインカジノは銀行口座に振り込まれるため税務署にバレる

現金で勝利金を受け取れるパチンコや競馬などとは異なり、オンラインカジノでは銀行口座などを登録します。

そのため、お金の流れが記録されることになります。

税務署が把握である状態にあるので、納税をしておかないと後が大変です。

後になって未納が発覚したら、罰金が課されてしまいます。

50万円までの未納金がある場合は15%、それ以上になると20%を乗じた金額が罰金になります。

つまり、金額が大きくなればなるほど自分の首を締めることになるという訳です。

税務署調査の前に、自ら申告漏れを報告すれば5%まで軽減されます。

万が一、申告漏れに気付いた場合は、早めに税務署に報告をしてください。

 

オンラインカジノの税金の計算方法について

それでは正しく確定申告をするためにも、税金の計算方法について確認しておきましょう。

最初は理解しにくいかもしれませんが、実際に手続きを進めていけばすぐに覚えられるので、ご安心ください。

 

1.オンラインカジノの一時所得(課税対象金額)の計算式

オンラインカジノの一時所得は以下の計算式で求めます。

 一時所得の金額は、次のように算式します。

総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

(注) その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

引用:国税庁

こちらの計算式を見れば分かりますが、特別控除額が最高50万円に設定されています。

つまり、勝利金が50万円を超えていなければ確定申告の必要がないということです。

ただし、先述の通りですが損失したお金については計算に含めることはできないので注意してください。

 

2.ギャンブルの損失は一時所得の計算から除外される

また損失金は一時所得を計算する上では、考慮されません。

イメージしやすいように、具体例を挙げてみました。日付や金額は仮で設定しています。

具体的な数字があった方が分かりやすいので、一緒に計算してみましょう!

日付 掛け金 獲得報酬 損益
1月27日 30万円 60万円 30万円の利益
3月10日 10万円 5万円 5万円の損失
5月30日 50万円 90万円 40万円の利益
9月6日 20万円 5万円 15万円の損失
11月27日 50万円 80万円 30万円の利益
実際の金額 160万円 240万円 80万円(実際の利益)
税務上の金額 130万円 230万円 100万円(一時所得)

※ギャンブルの実際の損益は青文字(利益)赤文字(損失)を合算した金額ですが、税務上は青文字(利益)のみで一時所得を計算をします。

損失金も加味した金額ではなく、純粋な勝利金のみを一時所得として計算する必要があります。

確定申告においては、実質どれだけ儲けが出たのかというところは関係ありません。

正しく計算しないまま確定申告をして、未納が発生しないように注意してください。

 

3.実際の納税金額(所得税)の計算方法

実際の所得税について、計算してみましょう。

分かりやすくするために、ひとつずつ手順を踏んで解説していきます。

手順1

一時所得(50万円)=獲得報酬(230万円)- 掛け金(130万円)- 特別控除額(最高50万円)

手順2

一時所得の課税対象(25万円)=一時所得(50万円)× 1/2

※他の所得と合算する場合は1/2を乗じた金額にする。

手順3

所得税={(給与所得等他の所得+一時所得の課税対象)- 各種所得控除} × 税率

※納税額は会社からの給料などと合算して計算します。

税率と所得控除について

課税される所得金額 所得控除 税率
195万円以下 0円 5%
195万円を超え 330万円以下 97,500円 10%
330万円を超え 695万円以下 427,500円 20%
695万円を超え 900万円以下 636,000円 23%
900万円を超え 1,800万円以下 1,536,000円 33%
1,800万円を超え4,000万円以下 2,796,000円 40%
4,000万超 4,796,000円 45%

まずは、手順1で一時所得の金額を算出します。

この時、損失額を考慮しないように気を付けましょう。

次に、手順2で課税対象となる一時所得の金額を算出します。

一時所得の金額に1/2を掛けると、計算が可能です。他の所得税もあるのであれば、合わせて算出するようにしましょう。

最後に手順3の数式に当てはめて、所得税を計算してみてください。

会社の給料がある場合は、そちらも合算する必要があります。

税率と所得控除の金額を示した表も用意していますので、こちらも計算の際に使ってみてください。

 

オンラインカジノの確定申告のやり方について

納税金額の算出の仕方を確認したら、次に大切なのが確定申告のやり方です。

正しく計算した税金をきちんと納めましょう。

対象期間や申告の時期、必要な書類と簡単な流れについてまとめています。

とても重要な内容になっているので、必ず目を通すようにしてください!

 

1.確定申告の対象期間と申告時期

課税対象の期間は、1月1日から12月31日までの丸1年間が対象になります。

年度、つまり4月1日から3月31日ではないので、注意しましょう。

対象期間を間違ってしまうと、正しく納税ができなくなり、申告漏れを起こしてしまう可能性があります。

申告時期は、対象期間の翌年の2月16日から3月15日です。

1ヶ月しか期間が設けられていないので、期限ギリギリにならないように早めに申告するようにしてください。

確定申告の時期は、税務署も想像の域を超えてものすごく混みます。

年明けからコツコツ必要書類をまとめておくことをおすすめします。

 

2.確定申告の必要書類

大切な確定申告ですが、オンラインカジノでの勝ち金に関する必要書類がいまいちピンと来ませんよね。

必要書類は、以下になります。

  • 支払い調書(カジノから受領)
  • 支出に関する領収書
  • 源泉徴収票(給与所得がある場合)
  • その他控除に使えそうな書類(生命保険など)

支払い調書は、オンラインカジノに直接連絡をすれば受け取ることができます。

もしくは、自分で帳簿を付ける、収支明細を印刷するという方法でも有効な場合もあります。

支出に関する領収書は、年末から年始にかけてオンラインカジノから受け取りましょう。

会社勤務などをしていて給与所得がある場合は、源泉徴収票も必要です。

また生命保険や医療費など、控除に使えそうな書類も全て用意しておいてください。

ただし、給与所得が300万円を超えない場合は不要です。

途中で分からないことが出てきたり、疑問点があったら、放置せずに税務署の人に聞いてみましょう。

 

3.確定申告の簡単な流れについて

確定申告の簡単な流れについても解説します。

確定申告経験がないと、大まかな流れも分からないですよね。簡単な流れは以下のようになります。

  • 年間の収入と支出(一時所得)を計算する
  • 収入と支出を証明する資料を集める
  • 確定申告書を作成する
  • 確定申告書を期限内に所轄の税務署に提出
  • 所得税の納付をする

まずは、1月1日から12月31日までの収入と支出を計算しましょう。

そして、それらを証明するためには、源泉徴収票や支払い調書といった書類が必要になります。

もちろん、医療費の明細やその他の控除が適用される書類も必要です。

これらの書類を全て集めてください。

資料を元に、国税庁のHPなどを参考にしながら確定申告書の作成に取り掛かります。

あまりギリギリにならないように、年が明けたらコツコツ作り始めておくと良いですよ。。

※確定申告は最初は一人で行うのは難しいです。税理士、または青色申告会に相談をしましょう。

 

オンラインカジノの税金絡みで良くある質問集

オンラインカジノの税金にまつわる疑問は、たくさんありますよね。

代表的な質問集をまとめてみたので、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

お金、しかも税金に関することなので、とても重要なことでもあります。

疑問に思うようなことがあれば、納得できるまできちんと調べて対処するよう心がけましょう。

 

質問1:副業禁止の会社でオンラインカジノで収益を得てバレる可能性がある?

回答:住民税が不自然に増えるので、バレる可能性はあります。必ず自分で納付にチェックをしましょう。

確定申告書に、確定申告書に、「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という項目がそれに該当します。

自分で納付としておけば、会社にバレることはありません。

しかし、このチェックを忘れてしまうと勤務先に書類が届いてしまいます。

会社勤めをしていると、給与所得以外に収入があるとトラブルの原因になることもあります。

 

質問2:計算して一時所得が0円だった場合は確定申告は必要なの?

回答:その場合は納税金額が0円となるので確定申告は不要です。

一時所得が0円であれば、何もする必要はないのですが、きちんと計算をしてその結論に至ることはとても大切なことです。

更に詳しく説明すると、一時所得が20万円以下なら確定申告は必要ありません。

ただし、同じギャンブルでも宝くじは例外です。

宝くじは、当せん金付証票法が適用されるので、非課税の扱いになります。

宝くじで高額当選したとしても、当選証明書を発行しておいてもらえば、税務署が来た時も安心です。

 

オンラインカジノの税金と確定申告まとめ

オンラインカジノで得た勝利金は、立派な一時所得であり課税対象です。

そのことを知らずに、税金を払っていないということにならないためにも、計算の方法や確定申告のやり方などについては、きちんと確認しておきましょう。

オンラインカジノで遊ぶのであれば、ルールを守ることも大事なことです。

必要な書類にも漏れがないようにチェックしておいてくださいね。

確定申告の時期もちゃんと守るようにしましょう。

正しく計算をして、決められている税金を支払うだけなのに、税金の未納が問題になるケースは多々あります。

そのような事態に陥らないためにも、今回の記事が役に立てれば幸いです!

 

タイトルとURLをコピーしました